いぱとリネと戯言風味
アル鯖で奮闘、ときに切なく、ときにシリアスに語る、いぱの日記です。 笑いあり、涙あり、嬉しさあり、楽しさありのドラマ満載な記録帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死を恐れることもなく
人は誰だって、必ず死ぬものだよ。


*


死を目前に控えたとき、
恐怖を感じない人がいるだろうか。


もちろんそれを享受してしまえば、
いくらかは楽になるはずだ。
だがそこに行き着くまでの過程は長く、険しい。


ましてや、そういった境地に陥っても、
なおかつ人に死の美学を教えることができるものなのか。


人生のコーチというものは、
まさしくこういうことを差すのだろう。


モリー先生との火曜日 / ミッチ・アルボム


*


大学にここまでとは言わないけど、
少しでもこういった考えを持った人がいるなら。


大学に通う意味がきっとあるんだろうけど。


尊敬できる教授なんて、片手で数えるほど。
だけどやっぱり、すげえって思う人はいたわけで。


彼らに出会わなければ、おいらはたぶん
死ぬまでに本を読むことはなかっただろうし。


哲学や心理学といった学問を
奥深く知ることすら、できなかったはず。


**


この本は、死ぬということをまっすぐに受け止めていて。
今自分にできることを、本気でやっている。


しかもそれが、老年の人だというのに。


たぶん無意味に生きている人よりも、
何百倍も人生を謳歌している。


「愛はただひとつ、理性的な行為である」 / 本文より


ぐっとくるような名言も数多く、
ふだんほとんど本を読まない人でも読みやすい。


本屋には平積みで置いてあったから、
もしかするとそこそこ有名なのかも。


読む価値あり。




鉄の反撃、そして学び舎
一瞬の気の迷いが、取り返しのつかないことになる。


*





「油断大敵 -今宵- より」


(雰囲気を出したい方は、BGMとセットでどうぞ。)


*


まーたまには象牙でもいってみようか。


それがいけなかったんだ。


そもそも普段慣れない狩場っていうのは、
いつ何が起こるかわからない、
未知の恐怖ってやつを含んでるわけで。


仮にそこで何が起ころうとも、
まるで知らん顔なんだから。


ぺひょ



あー、やっちまった。


鉄に突っ込んでお決まりのFSかましたんだよね。
まあイミュあるから平気だろ、みたいな。


それが甘かった。


ヤツらはイミュの鉄壁ガードをいとも簡単に
突き破ってきた。あれよあれよとHPゲージが白くなって。


軽やかに爽やかにENDってわけさ。


ひとつ、悟ったんだ



もちろんおいらだって黙って死んでいるわけじゃあない。
そこからこう、ひとつ教訓めいたものを学んだってわけさ。


へっへ、利口だよね。


本来は引き狩りのメッカとして人気の象牙。

しかしこう敵が沸いてくると、メラメラと
前衛の性ってやつが芽生え始めてくるんだよ。


「俺に黙ってついてこい!」


みたいなさ。


だけどそれは大きな間違いなんだ。
時にシビアに、時にクールに。


そしていつだって、戦況を速やかに判断する能力が求められる。


「鉄にFSは、自殺行為」


OK、もう大丈夫だ。


*


わたしの欲しいもの



どうやら薄いのはイヤらしいです。


ひたすら溜めて溜めて、さらに溜めったやつを
彼女に売ってあげてください。


そこから始まる恋もまた然り。


エロスに満ち満ちた、花園へと。






いぱ日記、面白かったらぜひクリックをお願いします!
ぽちっと押してくれると更新頻度高まるかも。。w


いぱ日記、面白かったらぜひクリックしてね!





リフレインよ終われ
毎日の繰り返しは、いつか終わるはずだ。


*


環境を変える?


そんな簡単にホイホイと変えることができたら苦労しないさ。
限られた枠組みの中で、迷える子羊のように彷徨うのみ。


ただひとつ俺に許された行動範囲。


それでも俺は、あがき続けるだろう。


どうしたって変わらないのなら。
いったい俺はどうすればいいんだろう。


*


何も変わらない日常にちょっと飽きてきたっていうかさ。
もうちょっとこうなんか、変化があってもいいじゃんって。


結構いろいろとアクションを起こしちゃあいるんだけど、
そう簡単に物事っていうのは、形を変えないんだよね。


一度決めたら頑なとして意見を曲げないどこかのキミみたいにさ。
もうなかなかどうして、フラグが立たないんだ。


別に当たり前の日常が悪いっていってるわけじゃないんだよ。
こうした平和な日があるから、ぼくらが存在しているんだから。


でもさやっぱり、人ってやつは刺激を求めるんだよね。
毎日毎日がもうまるで同じで退屈なんだ。


なにかこう、劇的なシーンでもないもんかねって。
神様お願いみたく、願っちゃうってもんなんだよ。


*



包み紙が食べたくて
この世に不必要なものは、買えないものだけだ。


*





「わらしべ発進 - 旅人の集う店 - 」


(雰囲気を出したい方は、BGMとセットでどうぞ。)


*


あなたはご存知だろうか。


1アデナで買える品物を。
このアデン全域に、1アデナで買えるものがあるということを。


俺は、知らなかった。


そのときに、ふと思いついたのだ。


これは使える。やってみる価値がある。
そうして始まったのが、この企画というわけだ。


*


わらしべ。


物々交換で、いったいどこまで
形を変えることができるだろうか。


人と人の優しさのかけらを集めて。


今おいらは、可能性を試そうとしているんだな。


大いなる野望と、夢を乗せた箱舟を、
せっせせっせと作っている最中なんだ。


沈む? 冗談じゃないよ。
せめて沈没にしてくれないか?


否、決して沈まない屈強な船を作るのさ。
でもそのためには、キミたちの協力が不可欠なんだ。


だから、参加を考えてみてほしい。


**


しかし現実は厳しかった。


マッチ売りの少女ではないんだけど、
本当に参加者がいないんだよね。


もちろんこのシステムだけを見てみると、
おいらだけが得をしがちなように見える。


だけどね、そんなバカげた企画じゃあ面白くないもんね。
高額わらしべに惜しみなく協力してくれた人には、

(まあ多くても10程度だろうけど)

そりゃあ見返りだって弾んじゃうってわけだよ。


そうして、来る日も来る日も、
雨の日も風の日も、ちょっと可愛い子が多い街に出たときも、
おいらは必死で参加者を探し続けた。


そうしてようやく現れたんだ。


***


わらしべが動き出す




感激した。


この鯖もまだまだ捨てたもんじゃなかったんだ。

(ていうか、もろ知り合いなんだけどね。)

まあこの際細かいことはなしさ。
まずは企画のスタートってのが肝心要なんだからね。


とにかく始まらないと、ニッチもサッチもいかない。


やる気十分



これ以上ない、参加の決意の表れだ。


おいらは涙をほろりと流しそうでこらえながら、
センベイ片手に、文庫本を放り投げて。
かかっている音楽をまったく全部シャット・アウトして。


初めてのわらしべを、ずっと見守った。


****


愛犬さようなら




いらねーしww


ってひどくねえ?


まあそれはさておいて、おいらとしては
上々なスタートを切ったってわけさ。


こうしてキャンディが姿を変えて、
どんどんと品物を変化させていくっていうシステムさ。


「はぁ? じゃあ高額なモンしかできねーのかい?」


いやいやそんなことはないんだよ。


だって始まりはキャンディだったんだから、
キャンディとの交換でもバッチリ歓迎さ。


だけどおいらの本音としては、なるたけ
交換物との交換が嬉しいっちゃ嬉しいわけなんだけどね。


でもキミらのアデナ事情もあるだろうし、
お金ないけどわらしべやりたいなって人だっているはずだ。


そんな人を拒むはずがないってもんよ。


だからいつだってどこだった、おいらを呼び出してくれよ。
言われて呼ばれて、ジャジャジャジャーンのごとく
疾風駆け抜ける忍者のごとく、参上するからさ。


*****


今ひとつ、おいらの歴史が動き始めた。


いつもテンション高いのよこのコ



毎日欠かさず見てね!


ご丁寧にお手紙まで



ちょ、笑いすぎっしょ。


いつかしゃんとしたACになることを、
おいらは遠くからずっと見守ってるさね。






わらしべ参加者、募集中!
キャンディからの参加も大歓迎!
もちろん高額参加も超歓迎!


一緒にわらしべを、作っていこうぜ!


いぱ日記、面白かったらぜひクリックをお願いします!
ぽちっと押してくれると更新頻度高まるかも。。w


いぱ日記、面白かったらぜひクリックしてね!



本気で人を愛したことがあるのか
傍にいる人を、本気で愛せ。


*


もしも自分の大切な人の命が、
もうすぐ消えてしまうとしたら。


いったい俺はどうするだろう。


仮に相手が「私と一緒に死んでくれる?」
といったところで、俺は「ああ」とは言えない。


別に死ぬことが怖いわけではなくて、
お前の分まで、精一杯生きることが俺にできること。


無意味に命を落とすことが、
必ずしもいいわけではないのだから。


*


その大切が人が、もうすぐ命が消えようとしているときに、
それを俺に気づかせなかったら?


必死に隠して、辛い笑顔を振りまいて。


いつもと変わらぬように振る舞って。
まるで何事もなかったかのように、俺の相手をして。


潰れそうな心に、鞭を打ちながら。


たぶん真実を知ったとき、俺は狂乱するだろう。
だけど相手を包みこんであげる。


俺のすべてをかけてでも。


**


ネコソギラジカル / 西尾維新


これで戯言シリーズも読破っと。
まー久々にツボに入る小説だったねえ。


これでおいらとあんまり年変わらないんだから驚き。


あまりにも日常とはかけ離れてはいるけれど、
次々に起こる事件の数々を通して、
戯言遣いの主人公が、ちょっとずつ成長していく。


時には壊れ、時には裏切り。


そして大切な人とすら、離別しながら。


Copyright © 2005 いぱとリネと戯言風味. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。